毛髪科学6~シャンプー&トリートメントの成分~

posted in: 毛髪科学 | 0

シャンプー・トリートメントの成分構成です。
どのような材料がどのような働きをしているのか分かると思います。一般の人に気になるのはコンディショニング成分でシャンプー、トリートメントいずれもシリコーンが使用されている点だと思います。基本的に安価で無害ですので使われて当たり前の材料になります。ノンシリコンシャンプーは聞くけどノンシリコントリートメントは聞かない理由などシリコーンについては詳しくコチラで書いていますのでお読みいただければと思います。
 
シャンプー

構成成分 配合目的 一般的な原料
界面活性剤
両性界面活性剤
洗浄作用・汚れを落とす アニオン界面活性剤
コンディショニング成分 軋みをなくす・髪を保護する カチオンポリマー・カチオン界面活性剤・タンパク質誘導体・シリコーン誘導体・天然油・エステル油
増粘剤 液に粘度を出す カチオンポリマー・カチオン界面活性剤・タンパク質誘導体・シリコーン誘導体・天然油・エステル油
毛髪保護剤・湿潤剤 毛髪保護・補修 タンパク質誘導体・多価アルコール・多糖類・天然油・エステル油
香料・その他 製品の特徴づけ 香料剤・紫外線吸収剤・清涼剤・酸化防止剤・金属封鎖剤
防腐剤 製品の安定化・腐敗防止 パラベン・安臭香酸塩

 
トリートメント

構成成分 配合目的 一般的な原料
界面活性剤
両性界面活性剤
軋みをなくす・静電気防止 カチオン界面活性剤
コンディショニング成分 軋みをなくす・髪を保護する カチオンポリマー・タンパク質誘導体・シリコーン誘導体・アミノ酸・多糖類
油剤 油分補給・増粘効果 天然油脂・エステル油・高級アルコール・ワックス
毛髪保護剤・湿潤剤 毛髪保護・補修 タンパク質誘導体・多価アルコール・多糖類
香料・その他 製品の特徴づけ 香料剤・紫外線吸収剤・清涼剤・酸化防止剤・金属封鎖剤
防腐剤 製品の安定化・腐敗防止 パラベン・安臭香酸塩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください